ネットビジネスで稼ぐ思考と方法


目から鱗の情報が満載!マイルオタク田尻さんの日常生活で超お得にマイルを獲得する方法『マイレージ王者!isky ambassador(アイスカイ アンバサダー)』販売サイトはこちら

資産が5,500億円から1兆3,000億円になりました (その6) 最終回

起業するなら伸びている業種に入れ。これが鉄則です。


これから伸びる業種とは…もちろん、インターネット、


とりわけ、


・ソーシャルネットワーク関係ビジネス(ソーシャルゲームやアプリ)

・モバイルコンピューター(スマートフォンや、iPadなどの小さいコンピューター)系ビジネス


この二つの業界は、上昇が約束されています。タイムマシンで未来に行って、儲かるビジネスを見て帰ってきたようなものです。


ソーシャルメディアはスマートフォンと一緒に成長しますし、スマートフォンはソーシャルメディアと共に成長します。


ツイッターがなぜここまで大ヒットしたかというと、スマートフォンに限りなく相性がよかったからです。
ツイッターはスマホのために作られたんじゃないかというくらい、ビールと枝豆ばりに相性がいいのです。


ギャル層〜モバゲー層、いわゆるガラケー層(二つ折りのボタン付きの携帯電話。
フィーチャーフォンとも言う)があまりツイッターに参加しないらしいですが、それはガラケーでツイッターをやるのは不便だからです。


いずれ日本人の携帯がすべてスマートフォンに変われば(そう予測されていますし、だからGREEやモバゲーはそれを想定して、ゲームをスマートフォンに次々対応させて来ています)、ガラケー層もツイッターをやります。


そのとき…、日本人の携帯電話のほぼすべてがスマートフォンに変わったときに爆発的な富を得るのは、ソーシャルメディアと、スマートフォンビジネスをやっている起業家たちだと、私は思います。


たぶん、今貧乏だけど、アンドロイドやアイフォンプログラミングを学んでいるとか、ソーシャルメディア関係のアプリを作っている人から、「未来のビリオネア」が生まれることは想像に難くない。
それはあなたかもしれない。


若く、30代くらいで、フォーブズに載れるほど、数千億円の流動性の高い金融資産をGETするためには、ネットビジネスしか今はないかと思います。


それはフォーブズのランキングを研究してわかったことです。


次に日本から現れる数千億円単位の起業家は、


・ソーシャルゲームの開発企業

・アイフォン、アンドロイドなどスマートフォン関係の開発企業


だと思われます。


「アイフォンアプリは儲からない」という風潮が広がっているので、もちろん今はユーザーが少ないので儲かるはずがないのですが、
いずれ日本人の人口のほとんどがスマートフォンに切り替えた時、日本のスマホアプリ開発企業からビリオネアが次々誕生すると予測しています。


GREEの田中良和さんは2,000億円の資産、ミクシィの笠原さんも1000億円近い資産でフォーブスにランクインしています。


他にもモバゲーとか…日本で今勢いのある企業はほぼすべてソーシャル・ネットワーク関係です。


ほかにもソーシャルネットワークと一緒に成長したのがソーシャルゲーム関係です。
モバゲーやGREEはもちろんソーシャルゲームの会社ですし、ForbesにランクインしているZyngaや韓国の企業も、ソーシャルゲームの会社です。


ホリエモンの「拝金」という小説で、主役の若者が会社を上場させるのですが、彼が携わっているビジネスもソーシャルゲームです。


フェイスブックを頂点にしてドッカーンとITとお金の流れが変わり、ソーシャルと、スマートフォン関係のビジネスにどんどんお金が流入していくと予測します。


GREEの田中さんもゲーマーなんで、今30代くらいの男性でゲームが好きだった人は
ITを学んでソーシャルゲーム業界に入るといいかもしれないですね。


最後に、ふたつの道を示します。


1、ビリオネアを目指す(資産10億〜1000億程度)

2、ミリオネアを目指す(資産1億円程度)


どちらか選んでください。


▼1、数千億円のビリオネアを目指すには・・・


27歳で1兆3,000億円の個人資産を持つマーク・ザッカーバーグはもちろんSNSのフェイスブックの経営者です。


個人資産2,000億円のマーク・ピンカスが率いるZyngaもソーシャルゲーム関係の起業です。


つまり、「ソーシャル」と名がついている仕事・ビジネスに数千億〜一兆円単位のビッグマネーが集まってきているということです。


なので、今からビッグマネーを狙うなら、ソーシャルネットワーク関係がお薦めです。


そのためにはまず


1)IT系のビジネスに参加すること。

次に、成長中のビジネスをすること

2)特にソーシャル系か、スマホ系のビジネスに参加し、

3)自分でプログラミングを覚える。

自分でプログラミングを覚えるか、ムリならプログラマを探すことです。


ソーシャルネットワークやソーシャルゲームの基礎になるのはPHPなどのウェブ言語です。


また、アイフォンアプリなどを作るにもプログラミングが必要ですね。
これも、お金があるなら作れる人を探せばいいかもしれません。


でも一番いいのは、自分もプログラミングが出来ることです。
フォーブスに乗っているCEOはほぼ全員自分でもけっこうプログラミングができたりします。


ちなみにスティーヴ・ジョブズはプログラマではありません。
あの人はデザインとアイデアの人です。


プログラミングは、パートナーのウォズニアックに作らせていたわけです。
こういう天才プログラマが仲間につけるのもいいでしょう。


あと、ゲームを作るならFlashも使えるといいですね。これも自分で覚えるか、使える人を探せばいい。


いちばん安く済ませて、最良の方法はやはり、プログラミングを自分で身に付けることです。私も自分で学んでいます。同時にプログラマを探してもいます。


ソーシャルゲームでジャスダックに上場した企業「クルーズ」の社員のほぼ全員も、プログラマです。


莫大な富を得るためにプログラミングとプログラマの重要性がどれほど高いか、
わかっていただけたかと思います。


プログラミングの基礎講座と、Flashの基本講座は、動画パソコン教室に入っています。


ただしいずれも基礎的な講座になるので、これでいきなりSNSやソーシャルゲームを作れるというわけではないですので、ある程度初期スキルを見につけたら、書店に飛び立てるので、独自で本を読むなどをお勧めします。


▼2、資産1億円のミリオネアになるには・・・


個人で年収数千万円、
資産は一億円あたりのミリオネアに、てっとりばやく、短期間でなりたいならば…、


これはもう、


「インフォビジネス」以外にないでしょう。


個人が短期間で1億程度を稼ぐためには、
これほどに効率化された最先端のビジネスモデルを私は知らない。すごいです。


・在庫なし

・誰でも始められる

・資金いらない

・利益率高い


今後、インフォビジネスが持つダイレクト・モデルはあらゆるビジネスに流用されることでしょう。


ここでいうインフォビジネスの定義には、
SEO、PPC、アフィリエイト、コピーライティング、メルマガ、ブログ、情報ビジネス、プロダクトランチ…、


など、あらゆる個人的なネットビジネスを指しています。


「参入者が増えてインフォビジネスは終わった」とか言う人がいますが、
ぜんぜんそんなことない。これからです。


むしろ参入者が増えると、全体的な市場の富も拡大するのです。
最悪は市場に誰もプレイヤーがいないことですからね。


市場に参入者やライバルが増えることは非常に喜ばしいことです。


これからインフォビジネスに電子書籍も絡んできてますます市場が拡大して面白くなりますよ。


▼あなたがミリオネアを狙うにも、ビリオネアを狙うにも、いずれにせよ、PCスキルは持っておいたほうが何かと便利です。
いずれも「ネットビジネス」ですから、ネットのことを学んだほうがいいに決まってますよね。


ホリエモン推薦 動画パソコン教室
富裕層になるためのきっかけがここにあります!

値上げします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。